2018年01月13日

ゲームは「駆け引き」にも「物語」にもなれる

「Prey」は戦闘やステルス,謎解き,リソース管理といった要素が融合したアクションアドベンチャーゲームとして申し分のない傑作だ。一方,「Tacoma」はこうした要素をあえて排して,ドラマティックな物語を主軸に据えている。
 「宇宙ステーションを一人称視点で探索する」という共通のテーマを持ちながら,「Prey」と「Tacoma」は対極に位置している。

 似て非なる2タイトルだが,共に2017年にリリースされており,好評を得ている。これは,ビデオゲームの裾野の広さを物語っているのではないか。
 単一の定義に収まらないほどに,ゲームの在り方は千差万別だ。「Prey」 のような“駆け引き”に満ちた作品だけでなく,「Tacoma」 のような“駆け引き”の極めて薄い作品も存在する。さらに,“駆け引き”にも“物語”にも当てはまらない作品だって多数存在する。
 「ゲームは駆け引きである」「ゲームは物語である」といった単一な定義にとらわれず,頭を柔軟にしてゲームに接するべきである。「Prey」と「Tacoma」をクリアして,そう思う。





Posted by みみー  at 16:18 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年01月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のコメント

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みみー
みみー