2017年06月23日

清水良太郎、仕事復帰でファンへ謝罪と感謝 “2世”たちへの悪影響「申し訳ない」

ものまねタレント、清水アキラ(62)の三男でタレントの清水良太郎(28)が23日、東京・六本木のMorph-Tokyoでワンマンライブの開催前に行われた囲み取材に出席。2月に写真誌『FRIDAY』(講談社)で違法カジノ店への出入りを報じられ、謹慎処分となっていたが、同ライブでの仕事復帰を前に「世間の皆さまをお騒がせしまして、大変申し訳ございませんでした。また、ここから新たな気持で仕事に励んでいきたいと思います」と頭を下げた。

【全身ショット】黒スーツ真摯に謝罪した清水良太郎

 清水は報道後、広島県福山市や東京・椿山荘で行われる予定だったディナーショーはいずれも中止。ミュージカル『花・虞美人』(東京・赤坂ACTシアタ)も降板した。なお、ともに違法賭博が報じられ謹慎していた俳優の遠藤要(33)は、4月11日付けで処分が解除され、その後、出演映画の舞台あいさつに登壇した。

 7月には、父・アキラとのディナーショーも予定されており、「その前に一番に心配してくれているファンの皆さまに、自分の声でちゃんと目を見て伝えたかった」と、きょうが仕事復帰となった経緯を話した。報じられた違法賭博については「2度だけ行ってしまって、自分の不注意だった。1回目に行ったときは、ただアミューズメントパークということで遊んで、2回目でお金をかけませんかと言われ、やばいぞと店を出ました。お金を賭けたりはしていない」と説明した。

 謹慎中は家から出ることが嫌になるほど落ち込み、芸能界を辞めるという思いもよぎったようだが、「いろんなところで頭を下げている兄や父を見て、また頑張らないといけないと思いました」と決意。ファンから励ましの手紙が届いたと感謝し、「ミュージカルやディナーショーのチケットを取っていた方もいらっしゃるので、最初にまず謝りたい」と真摯に語った。

 「ギャンブルはしばらくお休み?」と聞かれると、「しばらくはというか、絶対にそういうことには手を出さない」と宣言。清水に限らず、芸能界の“2世”たちに不祥事が続いているが、「世間の皆さまから、『2世はやっぱり甘い、やっぱり』っていうイメージがついてしまうことが悔しい。自分がこういうことをすると、自分と同じ2世の方にも悪影響があって、申し訳ない」と再度、謝罪した。  


Posted by みみー  at 19:20Comments(0)ニュース

< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みみー
みみー